Contents

ご自宅でも楽しんでいただけるハーブの利用方法やホームケアをご紹介します。

 

梅雨対策ヘアケア&ハーブ

 何かと悩みが多い梅雨の時期、雨が続いてじめじめすると、湿気でヘアスタイルは決まらない。気分はどんより憂鬱になってしまいます。

 今回は、そんな梅雨を「快適に」「気分よく」過ごして頂けるようアドバイスさせていただきます。

梅雨対策 ヘアケア

 この時期のヘアーのお悩みといえば、くせ毛、うねり、ちりつき、アホ毛などではないでしょうか?

 ブローがうまくいかない、持ちが悪いなど、嫌になることがあると思います。

 そんな方におすすめなのが、「KOKUREI コレクショントリートメントローション5」です。

 普段のブローの時にひとアイテムを加えていただくだけで、お手入れが楽に楽しく仕上がります。

 天然成分で作られた画期的な商品です。

オススメ商品

●KOKUREI
コレクショントリートメント
ローション5
⇒商品紹介

 

KOKUREI コレクショントリートメントローション5

使用例

  • くせ毛の方の使用例
  • 指櫛で乾かしただけの状態
 

効果的な使い方(シャンプー後のドライ)

  • タオルドライした後の湿った髪に全体まんべんなくスプレーします。
  • 「くせ」や「ちりつき」のある人は少し多めに。
  • あら櫛をよく通して全体になじませます。
  • ドライヤーを使い、指櫛で乾かしていきます。
  • 指櫛は、髪を引っ張りながらドライヤーの風を当てる、ようにします。

 

 

  くせの強い方や、
  更につやを出したい方は、
  デンマンブラシを使用します。
 

ヘアケアと一緒に。梅雨~初夏にかけてのおすすめアイテム

 

心身ともに快適に過ごせるためのご提案

 

・ ひと吹きして頂くだけで瞬時によい香りでリフレッシュ

「オリジナルエアーフレッシュナー」

 

・ お手軽に飲んで頂けて、梅雨の悩みを和らげる

「おすすめハーブティー」

 

これらは、併用して頂くとより効果的です。

ひと吹きして頂くだけで瞬時によい香りでリフレッシュ

             オリジナルエアーフレッシュナー

30ml 商品価格 1,080円(税込)
 
●梅雨対策におすすめのブレンド

 今回は、気分を明るくし、リフレッシュする2種類の香りをご用意させて頂きました。物忘れ予防、改善にも。

 強壮作用、集中力を高める、記憶力を強化する、心や体への鎮静作用、情緒不安定や抑うつに効果的なエッセンシャルオイルをバランスよく配合いたしました。

 

リフレッシュブレンド

フローラルウォーター(ペパーミント)をベースに
エッセンシャルオイル
「オレンジ + ペパーミント + ローズマリー」
     をブレンドします。日中にオススメです。

リラックスブレンド

フローラルウォーター(ペパーミント)をベースに
エッセンシャルオイル「ラベンダー + オレンジ」
      をブレンドします。夜にオススメです。

利用例

お部屋

 梅雨のシーズンは、空もどんより暗く、気分も落ち込みがちです。換気や湿気対策にプラスして、エアーフレッシュナーで気分を明るく保ちましょう。

外出先

 携帯にちょうど良いサイズですので、外出先でリフレッシュしたいときにもご利用いただけます。

お手軽に飲んで頂けて、梅雨の悩みを和らげる

                おすすめハーブティー

スカロボフェア(気力アップ)

ここぞという時、ここ一番に気力をUPさせる。
元気を出したい時に。

 

ベルブリーズ(リフレッシュ)

憂鬱な気分を落ち着かせます。
季節の変わり目に。

ウルトラヴィオレ(紫外線)

初夏は紫外線がとても強いです。
夏に向けて今から紫外線対策をしてお肌を大切に。

メディカルブレンドについて

 プロフィダイエのメディカルブレンドシリーズは、体調の変化に着目した特殊ブレンドティーです。最低1か月を目安にお試しください。

 

ABマーク

PROPHEDIET FRANCE(プロフィダイエ フランス)の製品は、EU(ヨーロッパ経済共同体)の規定で土壌や材料、最終商品に至るまでの審査を行ない、無農薬有機栽培(農薬・化学肥料・殺虫剤・除草剤を使用していない)の証明として与えるAB(Agriculture Biologique)マークが付与されています。

エコセールライセンスマーク

当サロンは、世界中で最も信頼されるフランス政府の公認管理機関エコセールの認証(化学薬品、化学肥料、化学除草剤の一切を使用せず栽培されていることを保障されているオーガニック商品を生産、準備および輸出する資格)を取得してしています。

BIOマーク

EU有機農業規則で厳しく定められ、この基準を満たしていないのにBioという言葉を商品名に記載し、販売する事は禁止され、違反すると罰則の対象になる厳しい基準をクリアした製品だけに記載できる国家認定証のマークです。

1. 農薬や化学肥料等を使用しないこと。
2.3年間基準を満たした土で栽培していること。
1の基準を満たしていても3 年経過していない場合はBIOと認定されない。